カスタムソケット(基板の穴位置に合わせて設計)

カスタムソケット

製品基板やお手持ちの評価基板にソケットを実装したいというご相談をよく承ります。アイアンウッド社のカスタムソケット設計開発技術があればこのような形のソケットでも製作可能です。

基板

基板の四隅に穴がある場合もありますが、このように対象ICの近くにもいくつか穴が開いている基板があります。

その場合、このようにIC付近の穴をソケットの固定穴としてカスタムソケットを設計します。

今回はお手持ちの基板を検査基板として使いたいとのご希望でしたので、耐久性の高いポゴピンをソケット接点として採用しました。

SBTポゴピンシリーズ

アイアンウッド社のソケットは他社製に比べて小さいため、他社製ソケット用の固定穴がある場合は一回り小さいソケットを設計することが可能です。

カスタムソケット実績例(基板の穴位置に合わせて設計)

受注から納品までの期間:9週間

 

QFP168 ソケット

QFPソケット

QFP168ピン用ソケットです。

接点はポゴピンを使用。中央サーマルパッド部分にもピンを配置しています。圧板(蓋とICの間に入れる板)を使ってリードと接点が確実に当たるようにしています。

IC情報:28x28mm 0.65mmピッチ QFP168

ピンは0.5mmピッチ用のピンを使用しています。

0.5mmピッチポゴピンACデータ(外部リンク)

0.5mmピッチポゴピンDCデータ(外部リンク)

受注から納品までの期間:8週間